ブラインドの寸法の測り方


ブラインドには、取り付け方によって2種類の寸法の測り方があります。まずは、天井付といわれる方法で、これは、窓枠の内側に取り付けます。ブラインドを天井付する場合には、ブラインドを付けたい窓枠の幅と高さを測り、1cm程度、差し引いた大きさにします。

また一方で、正面付といわれる、窓枠の外側に取りつける方法もあります。この正面付の場合は、窓枠の外側を測定し、その測定値と同じ寸法のブラインドを選びます。もし、窓が大きくて床まで届いている、いわゆる掃出し窓にブラインドを取り付けたいという場合には、天井付の場合は、窓枠の内側から1cm小さく、また高さは2cm程度小さくします。掃出し窓で正面付にする場合には、幅は測定値のまま、高さは枠の寸法から2cm小さくします。これは、ブラインドを下ろした時に床や窓枠にあたらないようにするためです。

もしブラインドを2枚並べたいという場合には、2センチメートル以上あけてならべるようにします。

This entry was posted in ブラインドの取り扱いについて. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります